平成24年度 太陽光発電の補助金

スポンサーリンク

2012年4月18日に、「J-PEC 太陽光発電普及拡大センター」から平成24年度の太陽光発電の補助金額が発表されました。

国の補助金

補助金額は1kW当たりのシステム価格(税抜き)に応じて、下記2種類どちらかの補助単価で申請することになります。

1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの      3.0万円/kWを補助
1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの    3.5万円/kWを補助

平成23年度の補助金は、1kw当たりのシステム価格が60万円以下のものに対して、一律1kW当たり48,000円だったのに対して、平成24年度は、システム価格が55万円以下の場合と、47.5万円以下の場合で分けられています。しかも、システム価格が安いほう(47.5万円)のほうが補助金額が大きいという方式になっています。

普通に考えると、価格が高いほうが補助金額が大きいのではと思いますが、価格が安いほうが補助金額を多く受けられるようにすることで、太陽光発電システム全体の市場価格を引き下げようという意図が汲み取れます。

昨年度より導入しやす価格になった

平成23年度の場合、システム価格が60万円/kw以下で1kwあたり48,000円の補助金でしたから、補助金額を差し引いた額は1kw当たり、552,000円/kwでしたが、今回の改定で47.5万円/kw以下のもので1kwあたり35,000円の補助金ですので、補助金を差し引いた額は、440,000円/kwとなり、前年度と比較し、kwあたり112,000円も安価になりました。
また、下がると思われていた余剰電力の買取価格も前年同様42円になる方針が打ち出されていることから、経済的にはより導入しやすくなったといえます。太陽光発電の導入を検討している方には朗報と言えるのではないでしょうか。

各自治体の補助金

各自治体の補助金は今のところ明確になっていないところが多いですが、今後明らかになっていくと思われます。

補助金の申し込みは2013年3月29日(金)まで

平成24年度の補助金申し込みは2013年3月29日(金)の当日消印有効でJ-PECに提出が必要です。

まずは見積もりをしてみよう

より導入しやすくなった太陽光発電ですが、実際にどのくらいの費用がかかり、どのくらいの年数で元がとれるのかは、地域、方角、屋根の形状、設置スペースなどさまざま条件によって異なります。
より正確に知るには、現地調査をしてもらわないとわかりませんが、おおよその目安を知るためにまずはネットで簡易見積もりをしてみてはいかがでしょうか。
簡易見積もりサイトはいくつかあり、こちらの一括見積もりサイト比較のページでも記載していますので参考にしてみてください。


太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?