平成25年度の太陽光発電補助金

スポンサーリンク
2013/04/12

2013年4月2日に、「J-PEC 太陽光発電普及拡大センター」のサイトに平成25年度の補助金制度の概要が発表されました。

国の補助金

1kW当たりの補助対象経費(税別)により、補助金の単価が2段階の設定となります。

1kW当たりの補助対象経費(税別) 1kW当たりの補助金単価
2万円を超えて 41万円以下のもの 2.0万円
41万円を超えて 50万円以下 1.5万円

平成24年度の補助金は、1kw当たりのシステム価格が55万円以下のものに対して3.0万円/kW、47.5万円以下のものに対して3.5万円/kWを補助となっていましたが、今年度からはシステム価格という表現ではなく、「補助対象経費」という表現が使われていますが、内容は同じものと思われます。

平成24年度と比較すると、平成24年度が補助対象のシステム価格の上限が55万/kWだったのに対して、平成25年度は50万/kwに引き下げられています。
また、1kW当たりの補助対象経費が41万円以下のもので2万円、50万以下のもので1.5万円と補助金額も引き下げられています。

kWあたりの価格が安いほうが補助金額を多く受けられるようになっていることは、昨年度同様、太陽光発電システム全体の市場価格を引き下げようという意図が汲み取れます。

補助対象経費

以下の費用が補助対象となるようです。

太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、その他付属機器(接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器)、設置工事に係る費用(配線・配線器具の購入、電気工事費・安全対策費等含む)

つまりほぼ、太陽光発電システムの導入費用一式ということになります。

24年度と比較するとどうなのか?

kWあたりの補助金が減額されたことで、太陽光発電システムの導入が昨年度より不利になるのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、引き下げの前提には太陽光発電システムの市場価格が下がっているということが前提にあります。

それを踏まえて補助金を受けられる上限金額での太陽光発電システム導入をした場合を比較してみると、以下のようになります。

■平成24年度の補助金でシステム価格55万/kWのシステムで5kWのシステムを構築した場合
システム価格 : 55万 × 5kW=275万円
補助金額 : 3万円/kW × 5kW = 15万円
実質システム導入価格 : 275万 - 15万 = 260万

■平成25年度の補助金でシステム価格50万/kWのシステムで5kWのシステムを構築した場合
システム価格 : 50万 × 5kW=250万円
補助金額 : 1.5万円/kW × 5kW = 7.5万円
実質システム導入価格 : 275万 - 15万 = 242.5万

これは単純計算ですが、市場のシステム価格が下がっている前提で考えれば、補助金単価が減額されているとしても、昨年度と比較して全体の導入コストが上がっているということはないといえます。

各自治体の補助金

各自治体の補助金は今のところ明確になっていないところが多いですが、今後明らかになっていくと思われます。

補助金の申し込みは2013年4月17日(水)~2014年3月31日(月)まで

平成25年度の補助金申し込みは2013年4月17日(水)~2014年3月31日(月)です。
ただし、期間中でも予算に達した場合、締め切る場合があるとされています。

今年度も積極的に導入を検討できそう

国の補助金については、今年度はなくなるという噂もあったのですが、補助金も出ることになり、また、売電価格も、38円/khW、買取り期間20年でほぼ決着していることから、経済的なメリットは昨年と比較しても遜色ない数字になっています。

導入を検討している方はまずはネットで見積もりしてみてはいかがでしょうか。ネットでの見積もりについては、こちらに見積もりサイトの比較記事がありますので、参考にしてみてください。


太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?