防災対策としての太陽光発電

スポンサーリンク

太陽光発電の導入を検討するにあたり、防災対策としての太陽光発電を期待している方も多いのではないでしょうか。そこで、防災対策としての太陽光発電についてまとめてみました。

停電時の太陽光発電

停電になると、太陽光発電で得られる直流電力を家庭用の交流電力に変換する「パワーコンディショナー」が自動的に止まり、太陽光発電で得られた電力を家庭内に供給する仕組みがストップしてしまいます。
つまり、太陽光発電をしていない家と同様、停電になるということです。

自立運転モードに切り替える

停電になった後、太陽光発電で発電された電力を家庭内で利用するには、自立運転モードに切り替える必要があります。自立運転モードの切り替え方法は、メーカーによって操作が異なりますので、事前に操作方法を確認しておいたほうがよいですね。

自立運転に切り替えた後は自立運転用コンセントのみが利用可能

自立運転に切り替えると、太陽発電で発電された電力を家庭内で使えるようになりますが、通常のコンセントからは、電力供給されないので、自立運転用のコンセントのみが利用できるようになります。また、自立運転用コンセントから供給される電力は、最大で 1,500W になります。太陽光発電で、1,500W以上発電していても、1,500Wが上限になりますので注意が必要です。

あくまで非常用電源

利用最大電力が、1,500W なのと、太陽光で発電している間、つまり日中しか利用できませんので、太陽光発電があるからといって、停電時も通常通りの生活が送れるわけではありません。
あくまで非常用の電源として認識しておいたほうがよさそうです。

どんな機器が利用できるのか?

こちらに環境省が出している「太陽光発電の賢い使い方 - 停電・災害時の自立運転コンセントの活用 -」(環境省、PDF)」がありますが、この中で自立運転用コンセントからどのような機器が利用できるのかの実験結果が載っています。

それによると、テレビ、冷蔵庫、電子レンジなど消費電力が比較的大きいものは、機器により利用できるものもあれば、利用できないものもある、という結果になっています。
電気ポットや携帯の充電など、消費電力が少ないものは問題なく利用できるようです。

また、太陽光発電が発電を太陽光に頼っているため、そのときの天気の状態や時間帯でも発電量が異なるため定常的に利用できる機器は限られてくると思います。

日没と同時に発電も終了

太陽光発電ですから、日が差さなくなれば、発電も出来なくなり自立用運転モードも終了します。
蓄電できればよいのですが、現状ですと大量の蓄電ができる機器は自宅に備えていないのが通常だと思いますので、夜間は他の家と同様に停電状態になります。

ですから日中のうちに、充電可能な機器は充電しておく必要があります。
こちらで紹介している、富士通ソーラーランタン「Solar Cubic(ソーラー・キュービック)A-1」などがあれば、夜間の照明利用や携帯電話などへの電源供給も出来ますので、太陽光発電を設置しているのであれば、蓄電できる機器を少なからず用意して日没後に備えておきたいところです。

太陽光発電の災害時の有効性

自立運転モードでしかも日中しか利用できないとはいえ、電気の供給があるのとないのとでは全く違います。
現在の暮らしでは電気がある暮らしが当たり前になってしまっていますが、多くの機器が電気を使っているため、停電になると多くのものが使えなくなります。何より情報の取得と連絡手段がなくなると不安になりますし、状況も厳しいことになるかもしれません。
停電しても家庭内でまとまった発電が出来ることを考えれば、太陽光発電は災害時にも有効で頼りになる存在だと言えると思います。


太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?