2013年7月版 太陽光発電モジュール メーカー比較

スポンサーリンク

2013年7月版 太陽光発電モジュール メーカー比較

2013年7月版のメーカー別太陽光発電モジュール一覧です。各社の新製品を中心に主力商品を一覧にしています。以下は、表の各項目の内容について説明しています。

セル種類

太陽電池モジュールのセルの種類です。セルの種類については、「太陽電池の種類」により詳しく記載しています。

公称最大出力

太陽光発電モジュールが発電できる電力の最大値を最大出力といいます。 メーカーが公表している、公称最大出力の数値は、「JIS C8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/㎡、モジュール温度25℃」という条件下で出力される電力です。特定条件下での数値ですので、常にこの数値が出せるわけではありません。

モジュール変換効率

モジュール変換効率とは、その太陽光モジュールの変換効率を指します。モジュール変換効率は、以下の式で算出されます。 モジュールの変換効率=(モジュール最大出力 W/モジュール面積㎡)/(1000W/㎡) 下の表中のモジュール変換効率はこの式で算出したものです。変換効率を公表していないメーカーもありますが、一律この式で計算しています。一般的にモジュール変換効率が高いと、少ない面積で高出力が得られることになります。

ワット単価

ワット単価は、メーカー希望小売価格を最大出力で割ったものです。この数値が小さいほどコストパフォーマンスに優れていることになります。

面積出力(W/m2)

最大出力を太陽電池モジュールの面積で割ったもので、1平方メートルあたりの出力量を表していています。この数値が大きいほど、少ない面積で高出力を出せることになります。

メーカー 型名 セル種類 モジュール
変換効率
公称最大出力 価格
(税込)
ワット
単価
サイズmm (W×H×D) 面積出力 特徴/商品名
三菱 PV-MA2120J 単結晶 14.9% 212W 142,485円 672 1,657×858×46 149W
三菱 PV-MA2070J 単結晶 14.6% 207W 130,410円  630 1,657×858×46 146W
シャープ NQ-198AC 単結晶 17.2% 198W 117,180円 592 1,165×990×46 172W BLACKSOLAR
シャープ NB-245AB 単結晶 19.7% 245W 185,220円 756 1,559×798×46 197W 高変換効率
シャープ NU-172BB 単結晶 14.9% 172W 85,680円 498 1,165×990×46 149W ルーフフィット設計
シャープ ND-170AA 多結晶 14.7% 170W 79,380円 467 1,165×990×46 147W 高効率多結晶
京セラ KJ165P-3CTCA 多結晶 14.2% 165W 79,695円 483 1168×990×36 143W エコノツール アドバンス
京セラ KJ200P-3CRCE 多結晶 14.7% 200W 96,600円 483 1338×1012×36 148W エコノツール
京セラ KJ80P-3CSCA 多結晶 13.7% 80W 44,520円 557 1692.5×345×8 137W サムライ
東芝 SPR-250NE-WHT-J 単結晶 20.1% 250W 191,625円 767 1559×798×46 201W 高変換効率
東芝 LPV-200V-BLK-J 単結晶 15.4% 200W 132,300円 662 1318×983×46 154W
東芝 SPR-240NE-WHT-J 単結晶 19.3% 240W 176,400円 735 1559×798×46 193W 高変換効率
パナソニック HIT240α 単結晶 18.7% 240W 139,650円 582 1580×812×35 187W 単結晶系ハイブリッド
パナソニック HIT245α 単結晶 19.1% 245W 168,000円 685 1580×812×35 191W 単結晶系ハイブリッド
ソーラーフロンティア SF170-S CSI 13.8% 170W オープン価格 - 977×1,257×35 138W
ソーラーフロンティア SF165-S CSI 13.4% 165W オープン価格 - 977×1,257×35 134W
サンテック STP255S-20/Wd 単結晶 15.7% 255W 160,650円 630 1,640×992×35 157W
サンテック STP250S-20/Wdb 単結晶 17.4% 250W 157,500円 630 1,640×992×35 154W  ブラックレーベル
長洲産業 CS-260C11 単結晶 15.9% 260W 177,450円 683 1634×998×42 159W 高出力
長洲産業 CS-226C13S 単結晶 16.5% 226W 154,245円 682 1626×840×42 165W
カナディアン・ソーラー CS6A-215MM 単結晶 16.5% 215W 142,222円 661 984×1324×40 165W
カナディアン・ソーラー CS5A-200MM 単結晶 15.65% 200W 130,200円 651 801×1595×40 157W

(注)価格は、メーカー希望小売価格を記載しています。実際の販売価格とは異なります。

比較のポイント

比較で注目すべき数値は「ワット単価」と「面積出力」です。
「ワット単価」はその太陽電池モジュールのコストパフォーマンスの指標で、価格が安いほどコストパフォーマンスがよいことになります。
「面積出力」は単位面積あたりの出力で、数値が大きほど狭い面積で出力を出せることになります。一般的には高変換効率の商品は、「面積出力」が大きな値になります。

ワット単価

ワット単価で見ると、シャープ、京セラの商品が 400円台となっており、コストパフォーマンスがよいことがわかります。一方、面積出力は140W台で、コストパフォーマンスはよいものの、比較的広い設置面積が必要になります。

面積出力

面積出力については、高変換効率の商品が高い値になっています。
「シャープ NB-245AB」「東芝 SPR-250NE-WHT-J」「パナソニック HIT245α」が、面積出力 190W以上となっており、狭い面積でも高い発電量が期待できる商品となっています。逆にワット単価は高く、600円台後半から700円程度です。

どのモジュールを選べばよいのか?

基本的には、設置面積に余裕があるのならば、ワット単価の安いものを中心に、設置面積に余裕がない場合には、面積出力の高い商品を中心に選ぶことになると思いますが、「パナソニック HIT240α」はワット単価、面積出力、両方のバランスがとれており、どちらを重視する場合でも選択肢になり得る商品だといえます。

しかし、ここに記載している価格はあくまで、メーカーの小売希望価格です。実際にはこの価格から値引きがされますし、メーカーにより値引き率も変わってきますので、この表での検討結果が、実際の販売状況とは異なる場合がありますので、太陽光発電システムの導入を検討しているのであれば、まずは実際に見積もりしてみることをおすすめします。

きちんとした見積もりは、現地調査をしてもらう必要がありますが、まずは、ネットの見積もりサイトで見積もって、導入金額の規模感を確認してみるのがよいでしょう。

見積もりサイトは、

価格.com の太陽光発電一括見積もり

タイナビの太陽光発電一括見積り

あたりがお勧めです。

スポンサーリンク

太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?