太陽光発電のデメリット

スポンサーリンク

太陽光発電のデメリットについても考えて見ましょう。デメリットというか「リスク」ですね。

発電量は天候に左右される

無尽蔵でクリーンなエネルギーの太陽光発電ですが、発電エネルギーを太陽光に頼っているため、天候により発電量は左右されます。季節や時間帯による発電量は事前にある程度シュミレーション出来るものの、天候は水物ですから、そのときになってみないとわからない、という面はあります。つまり、年間発電量の予測はぶれる可能性もありますので、その点を鑑み、導入計画を立てる必要があるのではないでしょうか。

機器の故障

機械ですから故障する可能性はあります。保障期間内であれば、内容によっては修理代はかからないかもしれませんが、修理期間はかかる可能性はあります。修理期間は発電できない可能性がありますので、リスクとしては考えておく必要があるのではないでしょうか。

耐用年数

やはり機械ですので耐用年数があります。メーカーの保障期間は10年程度が主流のようです。太陽光モジュールは比較的ながくもつようですが、パワーコンディショナーのような機器類は10年程度が目安とされています。保障が切れれば、修理、あるいは交換費用がかかりますので、そういった費用もかかるものとして、費用シュミレーションをする必要があります。


太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?