サンテックパワー子会社破綻と太陽電池モジュール製造の行方

スポンサーリンク
2013/3/22

世界最大手のサンテックパワーもついに破綻

太陽電池世界最大手のンテックパワーホールディングスは、3月18日にセル製造を主とする子会社である無錫サンテックパワーの会社更生法申請を無錫市中級裁判所に行ったと正式に発表しました。
何度かこのコラムでも取り上げていたように、太陽電池セルモジュールは、世界的に供給過多の状態になっており、そのため価格の下落が大きくなっていたため、Qセルズを始め欧米の大手太陽電池メーカーが破綻するという事態になっていました。

世界最大手のサンテックパワーも耐えられず、ついに破綻となってしまいました。

しかし、この安値攻勢で世界シェアをとろうとしていたのは、まさにサンテックパワーをはじめとした、中国の太陽電池モジュールメーカーであり、自分たちの仕掛けが結局は自分たちをも苦境に追いやる結果となってしまったと言えます。

破綻による影響は?

サンテックパワー子会社の破綻の影響ですが、サンテックパワーによれば、親会社であるサンテックパワーホールディングス、および日本法人のサンテックパワージャパンを含む、その他のサンテックパワーホールディングスの子会社については、今回の会社更生法の申請とは一切関係なく、生産・供給・保証に関して、従来通り事業が継続されると説明しています。
とりあえず、日本で販売されているサンテックパワージャパンの製品供給、保証には影響はないようなので、ひとまずは安心といえそうです。

太陽電池セルモジュールメーカーの行方

このサンテックパワーの子会社が破綻したことにより、太陽電池モジュールの製造メーカーはどのような方向に進むでしょうか。これら相次ぐ破綻をどう考えるか?
太陽光発電自体は、現在では再生可能エネルギー発電の方法として、最も一般的でこれらかも拡大が見込めるもののはずですが、それを扱うメーカーが破綻してしまうというところに太陽光発電産業の問題点が見え隠れします。

それはまだ太陽光発電が自然な形の真の産業として成り立っておらず、現状はあくまで各国の国策として推進されているに過ぎないということです。国の方針が変われば、需要と供給のバランスは一気に崩れます。それは欧州の例をみればよくわかります。

太陽光発電産業が真の産業として自立するにはまだまだ時間がかると思います。

しかし現在の日本においては、メガソーラー発電所が次々と建設される状況を見てもわかるように、導入者にとってはメリットがありますし、今のところ需要はあります。来年度も太陽光発電での買取価格は、10kW未満 38円/kwh 、10kW以上 37.8円になることから、しばらくは需要はあるでしょう。
各メーカーは各国の太陽光発電に対する国のサポート方針を見ながら対応せざるを得ない状況が続きますが、真の産業として自立できるように、技術革新含めてがんばっていただきたいものです。


太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?