太陽光発電とは

スポンサーリンク

太陽光発電とは、太陽電池で太陽光を電気に変換し発電する発電方式です。この技術は1954年に米国で発明され人工衛星に搭載されたりなどしてきましたが、コストの低下や、変換効率の向上により、新たな電力発電の仕組みとして普及してきました。

太陽電池と発電の仕組み

太陽電池は太陽光を電気に変換する装置です。どういう仕組みなのか見てみましょう。

通常の物質は太陽光があたると、太陽光のエネルギーは熱に変わります。
物が太陽光にあたると、温まるのはこのためです。

(【出典】産総研)

太陽電池は半導体を利用して熱ではなく電気に変換する装置です。

(【出典】産総研)

もう少し詳しく発電の仕組みをみてみましょう。物質には無数の「電子」が含まれています。太陽光が物質にあたったとき、その電子がエネルギーを吸収し、周囲にエネルギーをばら撒きます。通常の物質ですと、この効果により熱が発生します。
太陽電池の場合、特性のことなる半導体を合わせることにより、電子の動きを利用して電気を発生させます。

(【出典】NEDO)



→太陽電池の種類

太陽光発電の見積もりに関連する記事

  • 太陽光発電一括見積りサイト比較!
    複数の太陽光発電の一括見積もりサイトの運営会社、見積もりの流れ、操作手順などを各サイトごとにまとめて比較しています。自分にとって使いやすそうな一括見積もりサイトを探す参考にしてください。
  • 格安太陽光発電対決!ソーラーリフォーム vs 楽天ソーラー
    太陽光発電の見積もり、設置を手がける、ソーラーリフォーム社と楽天ソーラーの比較です。どちらも比較的リーズナブルな価格で太陽光発電を提供していますが、どっちがお得なのでしょうか?